背景 背景
雲
雲
雲
Sundance Film Festival 2021 サンダンス映画祭 ワールド・シネマ・ドラマ部門 正式出品 審査員ドラマ大賞ノミネート
その雲に触れたら10秒で死ぬ
ピンク・クラウド pink cloud
2023年1月27日(金)新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
幻想か、もう一つの現実か。人間の心が暴かれる、〈ピンク色〉のディストピア。 幻想か、もう一つの現実か。人間の心が暴かれる、〈ピンク色〉のディストピア。

    監督・脚本:イウリ・ジェルバーゼ
    出演:ヘナタ・ジ・レリス、エドゥアルド・メンドンサ、カヤ・ホドリゲス、ジルレイ・ブラジウ・パエス、ヘレナ・ベケル
    2020年/ブラジル/ポルトガル語/103分/シネスコ/5.1ch/カラー/英題:THE PINK CLOUD/原題:A NUVEM ROSA/字幕翻訳:橋本裕充
    配給・宣伝:サンリスフィルム
    ©️2020 Prana Filmes
    
    監督・脚本:イウリ・ジェルバーゼ
    出演:ヘナタ・ジ・レリス、エドゥアルド・メンドンサ、カヤ・ホドリゲス、ジルレイ・ブラジウ・パエス、ヘレナ・ベケル
    2020年/ブラジル/ポルトガル語/103分/シネスコ/5.1ch/カラー/英題:THE PINK CLOUD/原題:A NUVEM ROSA/字幕翻訳:橋本裕充
    配給・宣伝:サンリスフィルム
    ©️2020 Prana Filmes

News

画像
画像
画像
画像

Trailer

画像 画像

      現代の寓話
      —Indiewire 

      ロックダウン体験を描いた
      フィクションの決定版
      —Variety 

      この幻想的な作品は
      パンデミックの現実を
      不気味に映し出している
      —Los Angeles Times

      秀逸
      —The Atlantic magazine 

      本質を突き、
      静かに観客を揺さぶる、
      強烈な想像力の世界
      —Screen International 

      コロナ禍で
      慣れ親しんだ心理状態を
      分析したこの作品に
      観客はたしかなカタルシスを
      得るだろう
      —Vox 

      ユニークで破滅的に身近な
      新しいスリラー
      —Seattle International Film Festival / Hebe Tabachnik 

      2020年に起こった
      多くの出来事を
      消化する手立てを教えてくれた、まさに必要としていた映画
      —THE VERGE / Julia Alexander

introduction

世界が驚嘆!
          パンデミック以前に構想された
          衝撃のロックダウン・スリラー
          ブラジルの新鋭が
          鮮烈な想像力で描き出す
          もう一つの結末(リアル)。 世界が驚嘆!
          パンデミック以前に構想された
          衝撃のロックダウン・スリラー
          ブラジルの新鋭が
          鮮烈な想像力で描き出す
          もう一つの結末(リアル)。

2021年のサンダンス映画祭でイウリ・ジェルバーゼ監督のデビュー長編は予期せぬかたちで脚光を浴びた。2017年に脚本が書かれ、2019年に撮影された本作は、当初SFとして構想されていたにもかかわらず、 世界的なパンデミックで一変した現実と重なった。

外には一歩も出られず、部屋の中でしか生きられない“ピンク色”のディストピア。そこでジェルバーゼ監督が目指したのは、ルイス・ブニュエル『皆殺しの天使』やサルトル『出口なし』のように、制限された状況下における生存競争ではなく人間の感情を描くことだった。慣れ親しんだ日常を剥奪され、望まぬ非日常が日常になりかわろうとするとき、人間は何を求めて何を選択するのか。雲はかたちを変えながら、まるで鏡のように見つめる者の心を照らしかえす。

画像

            突如現れた
            謎のピンクの雲によって
            部屋の中に
            閉じ込められた人々

            楽観、倦怠、絶望。
            一歩も外に出られないまま、
            やがて世界は
            少しずつ狂っていく―

Story

一夜の関係を共にしていたジョヴァナとヤーゴをけたたましい警報が襲う。突如として世界中に発生した正体不明のピンクの雲——それは10秒間で人を死に至らしめる毒性の雲だった。

緊急事態下、外出制限で街は無人となり、家から一歩も出られなくなった人々の生活は一変する。友人の家から帰れなくなった妹、看護師と閉じ込められた年老いた父、自宅に一人きりの親友……オンラインで連絡をとりあううち、いつ終わるともしれない監禁生活のなかで、彼らの状況が少しずつ悪い方へ傾き始めていることを知るジョヴァナ。そして、見知らぬ他人であったジョヴァナとヤーゴも現実的な役割を果たすことを迫られる。

父親になることを望むヤーゴに反対していたジョヴァナだったが、やがて男の子・リノを出産する。ロックダウン以前の生活を知らないリノは、家の中だけの狭い世界で何不自由なく暮らしており、父となったヤーゴも前向きに新しい生活に適応している。しかし、ピンクの雲が日常の景色となるにつれ、ジョヴァナの中で生じた歪みは次第に大きくなっていくのだった……。

画像

Cast & Staff

画像
ジョヴァナ役
Renata de Lélis
ヘナタ・ジ・レリス

俳優、バレリーナ、映画監督。ブラジルで演技を、リスボンでダンスを学ぶ。2005年に俳優としてのキャリアをスタート。これまで5度の最優秀女優賞に輝いてきた。「Coletivo Habitantes」の創設メンバーであり、「Coletivo Criação Kamikaze」のリーダーを務める。短編映画『Nau (原題)』(製作準備中)と『Teratoma (原題)』(映画祭に出品)では脚本と監督を手がけ、主演も務めている。ダンスのビデオクリップ『Apatia(原題)』では作曲家Rita Zartと組み共同監督と出演を務めた。映画俳優としての最近の出演作にジャイミ・モンジャルディン監督『O Avental Rosa (原題)』(2019年)、ジウソン・ヴァルガス監督『Colmeia』(2020年)などがある。

画像
ヤーゴ役
Eduardo Mendonça
エドゥアルド・メンドンサ

エドゥアルド・メンドンサは俳優、脚本家、ラジオのブロードキャスター。長編映画の出演作はカルロス・ジェルバーゼ監督『Menos Que Nada (原題)』、ゼカ・ブリト監督『Legalidade (原題)』、マルシオ・シェナルディ監督『Os Bravos Nunca Se Calam (原題)』。イウリ・ジェルバーゼ監督の短編『Folha em Branco (原題)』でHistórias Curtas RBS TVの2011年最優秀助演男優賞を受賞。舞台にも出演しており、2010年に舞台『Milkshakespeare (原題)』でAçorianos賞(助演男優部門)を受賞した。テレビシリーズ『Fora de Quadro (原題)』とNetflixのシリーズ『Necropolis (原題)』では主要キャストを務めている。

画像
監督
Iuli Gerbase
イウリ・ジェルバーゼ

映画と文芸創作を学び20歳で映画製作を開始。印象に残るダイアローグと内的葛藤を描こうと取り組んできた。これまでに6本の短編の脚本、監督を手がけ、トロント国際映画祭やハバナ映画祭などの映画祭に出品。シュルレアリスムとSFのタッチで描いた『ピンク・クラウド』が自身初の長編映画。現在、2本目の長編となるSF作品や、テレビシリーズを準備中。

Filmograhy
  • 2021 ピンク・クラウド
  • 2019 The Stone (短編)
  • 2018 Dia das Nações (短編)
  • 2013 Pierre e a Mochila (短編)
  • 2013 Férias (短編)
  • 2012 Só Isso (短編)

製作
パトリシア・バルビエリ

撮影
ブルーノ・ポリドーロ

美術
ベルナルド・ゾルテア

編集
ヴィセンチ・モレノ

視覚効果
DOT

ポストプロダクション・スーパーバイザー
ダニエウ・ドージ、グスタヴォ・ズコウスキー

音響
キコ・フェハス、クリスティアン・ヴァイス

音楽
カイオ・アモン

Theater

地域 劇場名 TEL 前売 公開日
北海道 011-221-3802 1/27(金)
東京 03-3352-5645 1/27(金)
東京 03-5468-5551 1/27(金)
埼玉 049-223-0733 2/4(土)
栃木 050-3196-9000 1/27(金)
栃木 028-633-4445 2/24(金)
静岡 054-250-0283 近日公開
愛知 052-264-8580 1/27(金)
大阪 06-6440-5930 近日公開
京都 075-600-7890 1/27(金)
福岡 092-751-4268 近日公開