Trailer

Introduction

2018年のサンダンス映画祭でプレミア上映され、『心をかき乱す傑作』と絶賛された『Madeline's Madeline(原題)』(2018)や、A24とApple TV+が共同制作した『空はどこにでも』(2022)で注目を集める奇才ジョセフィン・デッカー。

長編4作目である本作は、巨匠スティーブン・キングが影響を受けて『シャイニング』を書いたと言われる異色作家シャーリイ・ジャクスンの伝奇小説に現代的で斬新な解釈を加えた、想像力とダイナミズムに満ちた心理サスペンス。作家自身のキャラクターと執筆過程を描きながら、まるでその小説世界に迷い込んだかのような幻惑的な映像を作り上げた。

“魔女”と呼ばれた作家の姿を圧倒的な怪演で魅せたエリザベス・モスをはじめ、マイケル・スタールバーグ、オデッサ・ヤング、ローガン・ラーマンといった一流キャストが集結。2020年にはサンダンス映画祭に見事返り咲き、USドラマ部門審査員特別賞を受賞した。また、デッカーの才能に惚れ込んだマーティン・スコセッシがエグゼクティブ・プロデューサーとして名前を連ねている。

Story

1948年、『ニューヨーカー』誌上に発表した短編『くじ』が一大センセーションを巻き起こした後、新しい長編小説に取り組んでいたシャーリイ(エリザベス・モス)はスランプから抜け出せずにいた。着想の元になったのは、ベニントン大学に通う18歳の少女・ポーラが突如として消息を絶った未解決の失踪事件。部屋に引きこもってばかりいるシャーリイの状況を変えようと、大学教授である夫のスタンリー(マイケル・スタールバーグ)は、バーモント州の学園都市へ移住を計画している助手のフレッド(ローガン・ラーマン)と妻のローズ(オデッサ・ヤング)を居候として呼び寄せる。新居が見つかるまでの間、無料で部屋と食事を提供する代わりに家事や妻の世話をしてほしい——スタンリーに半ば強引に言いくるめられた夫妻は、何も知らずにシャーリイとスタンリーと共同生活を送ることに。他人が家に上がり込むことを毛嫌いしていたシャーリイだったが、ひどい扱いを受けても懲りずに自分の世話を焼くローズを通じて、次第に執筆のインスピレーションを得るようになる。一方、ローズはシャーリイの魔女的なカリスマ性に魅入られ、いつしか二人の間には奇妙な絆が芽生えていく。しかし、この風変わりな家に深入りしてしまった若々しい夫妻は、やがて自分たちの愛の限界を試されることになるのだった……。

About SHIRLEY JACKSON

シャーリイ・ジャクスン

シャーリイ・ジャクスンShirley Hardie Jackson

(December 14, 1916 – August 8, 1965)

カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。33年、ニューヨーク州ロチェスターへ移住。ロチェスター大学に入学するが中途退学。37年、親元を離れてシラキュース大学に編入学し、後に夫となるスタンリー・エドガー・ハイマンと出会う。在学中、ハイマンらと同大学の文芸誌の刊行に携わり、創作意欲を高めていった。40年、卒業と同時にニューヨークに移り、ハイマンと結婚。42年には第一子が誕生し、のちに三人の子をもうける。ハイマンがベニントン大学の教授陣に加わった45年より一家はバーモント州ノースベニントンに定住した。

48年、ジャクスンは20年代にカリフォルニア州バーリンゲームで育った子供時代を半自伝的に描いたデビュー長編『壁の向こうへ続く道』を出版。ジャクスンの最も有名な短編である『くじ』は、同年6月に『ニューヨーカー』誌に発表されて一大センセーションを巻き起こし、彼女の名声を確立した。51年に発表された長編第2作『絞首人(処刑人)』には、46年に実際に起こったベニントン大学に通う18歳の少女ポーラ・ジーン・ウェルデンの失踪事件の影響が見られる。現在も未解決のこの事件は、ジャクスンと家族が住んでいたベニントン近郊のグラステンベリー山の森の荒野で起こっている。

50年代を通じて文芸誌や雑誌に数多くの短編小説を発表し続け、その一部は53年の回顧録『野蛮人たちとの生活』にまとめられている。59年、ゴーストストーリーの古典ともされる超自然的なホラー小説『丘の上の屋敷』を出版。スティーブン・キングが激賞したことでも知られ、『シャイニング』に影響を与えたと言われる。62年、最後の長編小説となる『ずっとお城で暮らしてる』を出版。ジャクスンを代表する最高傑作と評されるゴシックミステリーとなった。

1960年代になると、健康状態を損ねたジャクスンは闘病生活を送るようになり、48歳の若さで心不全により死去。25年という比較的短い執筆期間で、6つの長編、100を超える短編、家族の日常を描いた2冊のエッセイ、4作の児童書を刊行した。また、多くの長編は映画化もされ、ロバート・ワイズ監督による『たたり』(1963)はホラー映画の古典的名作としても知られる。2008年、彼女の功績を称え、心理サスペンス、ホラー、ダークファンタジーのジャンルにおいて最も優れた小説に贈られる賞としてシャーリイ・ジャクスン賞が創設された。日本では小川洋子、鈴木光司が受賞している。

Cast / Staff

  • エリザベス・モス

    エリザベス・モスシャーリイ・ジャクスン

    1982年、カリフォルニア州ロサンゼルス出身。7歳の頃からタレント活動を始め、ドラマ、舞台、映画と幅広く活躍し、俳優としての確固たる地位を築いている。現在は俳優業だけにとどまらず、監督・プロデューサーとしても活動。

    ニューヨークのスクール・オブ・アメリカン・バレエなどで本格的にダンスを学ぶ傍ら、TVミニシリーズ『Lucky Chances』(90)を皮切りに俳優業をスタート。映画は『マイホーム・コマンドー』(91)の端役でデビューし、『17歳のカルテ』(99)などに出演。人気TVシリーズ『マッドメン』(07〜15)のペギー・オルセン役で人気を博す。同ドラマでエミー賞に6回、ゴールデングローブ賞に1回、全米映画俳優組合賞に2回ノミネートされた。製作も手がけたアレックス・ロス・ペリー監督『ハースメル』(18)ではゴッサム賞とインディペンデント・スピリット賞にノミネート。『Light from Light(原題)』(21)はマリン・アイルランド、ジム・ガフィガン主演、2019年のサンダンス映画祭でプレミア上映され批評家の高評価を得た。近年の主な出演作として、『ハイ・ライズ』『ニュースの真相』(ともに15)、『ザ・スクエア 思いやりの聖域』(17)、『アス』、『透明人間』、『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(21)、『ネクスト・ゴール・ウィンズ』(23、『ザ・キッチン』(23/Netflix))などがある。テレビでは、Huluのドラマシリーズ『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』(17〜19)でエミー賞とゴールデングローブ賞のドラマシリーズ最優秀主演女優賞も受賞し、エグゼクティブプロデューサーとしても両賞のドラマ部門で作品賞を受賞した。ジェーン・カンピオンが監督を務め高評価を得たミニシリーズ『トップ・オブ・ザ・レイク ~消えた少女~』(13〜17)でも主演し、ゴールデングローブ賞のミニシリーズ・テレビ映画部門の主演女優賞を受賞。放送映画批評家協会賞、エミー賞、全米映画俳優組合賞も受賞。その続編『トップ・オブ・ザ・レイク ~チャイナガール~』(17)にも主演した。

  • マイケル・スタールバーグ

    マイケル・スタールバーグ スタンリー・ハイマン

    1968年、アメリカ・カリフォルニア州出身。ジュリアード音楽院で美術学士号を取得。UCLAでも学び、リトアニア音楽演劇アカデミーではチェーホフを研究。ブリティッシュ・アメリカン演劇アカデミーやオックスフォードのキーブル・カレッジにも留学し、奨学金を得てマルセル・マルソーの下でも学んだ。ニューヨークで舞台俳優として長く活躍した後、コーエン兄弟の『シリアスマン』(09)で主役のラリー・ゴプニックを好演し、ゴールデングローブ賞の最優秀主演男優賞にノミネートされるなど映画界に広く認知された。近年の主な出演作として、『リンカーン』(12)、『ブルージャスミン』(13)、『スティーブ・ジョブズ』(15)、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(15)、『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』(16)、『女神の見えざる手』(16)、『ドクター・ストレンジ』(16)、『メッセージ』(16)、『シェイプ・オブ・ウォーター』(17)、『君の名前で僕を呼んで』(17)などがある。HBOのドラマ『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』(10-13)ではニューヨークのギャングのボス、アーノルド・ロススタインを演じた。Amazonプライムビデオ『トランスペアレント』(14-19)、FX『ファーゴ』シーズン3(17)、バトシェバ・ドランが脚本を手がけたNetflixとチャンネル4のミニシリーズ『国を売る人』(19)にも出演。Hulu『倒壊する巨塔-アルカイダと『9.11』への道』(18)ではエミー賞にノミネートされた。Showtimeのドラマ『Your Honor/追い詰められた判事』(20-23)にも出演している。

  • ローガン・ラーマン

    ローガン・ラーマンフレッド

    1992年、カリフォルニア州ビバリーヒルズ出身。2歳半のとき、ジャッキー・チェンの映画を見て俳優を目指し、4歳でCMデビュー。8歳で『パトリオット』(00)にメル・ギブソンの息子役として映画初出演し、同じくメル・ギブソン主演のコメディ『ハート・オブ・ウーマン』(00)や『バタフライ・エフェクト』(04)でアシュトン・カッチャーの子供時代を演じて注目される。テレビ映画『ペインテッド・ハウス』(03)でヤングアーティスト賞を初めて受賞し、同賞を計3回受賞。2013年には、クリス・コロンバス監督の『パーシー・ジャクスンとオリンポスの神々』(10)に続くシリーズ第2作『パーシー・ジャクスンとオリンポスの神々:魔の海』(13)で主役パーシー・ジャクスンを再び演じた。近年の主な出演作としては、『フューリー』(14)、『ノア 約束の舟』(14)、『Indignation(原題)』(16)、『シドニー・ホールの失踪』(17)、『人生、区切りの旅』(19)、『ブレット・トレイン』(22)などがある。新作ごとに勇敢に幅を広げ、インディペンデント系からメインストリームの映画まで、今日のトップ俳優の1人に成長している。

  • オデッサ・ヤング

    オデッサ・ヤングローズ

    1998年、オーストラリア・シドニー出身。2015年、『The Daughter(原題)』でデビュー。本作で批評家の称賛を集め、2016年のAACTA賞で主演女優賞を受賞。ELLE誌で「オーストラリアで最も輝く新星」と呼ばれる。2020年、ヤングはマイケル・マン監督、J・T・ロジャース脚本のHBO Maxのテレビシリーズ『Tokyo Vice』にホステス役で出演。近年の主な出演作としては、サンダンス映画祭で好評を博した『アサシネーション・ネーション』(18/Amazon Prime Video)、『A Million Little Pieces(原題)』(18)、ジョニー・デップと共演した『グッバイ、リチャード』(18)、スティーヴン・キング原作のCBSテレビドラマ『ザ・スタンド』(20)では若き妊婦フラニー・ゴールドスミスを演じた。2020年、ブランド・クロフォードが製作・監督・プロデュースした古典戯曲と脚本の朗読ライブシリーズ「Acting for a Cause」に参加。ヤングが演じたのは、オスカー・ワイルドの『The Importance of Being Earnest(邦題:「稼ぐことの大切さ」)』のプリズム夫人役。この朗読会では、マウント・サイナイ・メディカル・センターを含む非営利チャリティのための資金を集めた。

  • ジョセフィン・デッカー

    ジョセフィン・デッカー監督

    1981年4月2日、イギリス・ロンドン生まれ、テキサス育ち。アメリカ人映画監督、パフォーマンス・アーティスト。クリスチャンとして育ち、現在は仏教徒である。1999年にハイランド・パーク高校を卒業し、2003年にプリンストン大学を卒業。指揮者になることを志し、指揮のクラスに申し込んだ。多くのインディペンデント映画に俳優として出演している。2008年、ブリタニー・ブロックマンと共同で、アメリカのバイセクシュアリティに焦点を当てたドキュメンタリー『Bi the Way』を監督。ロードアイランド国際映画祭でオルタナティヴ・スピリット大賞を受賞。2013年、初長編『Black Box Loves Her Gun Butter on the Latch』がベルリン国際映画祭のフォーラム部門に出品され批評家に賞賛される。同年FilmmakerMagazine『インディペンデント映画の新しい顔25人』に加わる。2014年、長編2作目『Thou Wast Mild and Lovely』が ベルリン国際映画祭のフォーラム部門に出品、批評家に賞賛される。2015年には第33回トリノ映画祭の審査員を務めた。テレビドラマやドキュメンタリーの監督、パフォーマンスアート、アコーディオン演奏、俳優としても活躍。カリフォルニア芸術大学とプリンストン大学で教壇に立ち、School of Making Thinkingではアーティスト・レジデンシーを率いた。 影響を受けたものとして『アンチクライスト』、『天国の日々』、『エターナル・サンシャイン』、『サイレント・ライト』、小説『エデンの東』、監督ジョー・スワンバーグ、そして頻繁にコラボレートしているサラ・スモールを挙げている。

Theater

地域 劇場名 電話番号 公開日 前売券
北海道 TOHOシネマズ すすきの 011-206-1080 2024.7.5(金)
青森 青森シネマディクト 017-722-8538 近日公開
宮城 フォーラム仙台 022-728-7866 2024.7.26(金)
福島 まちポレいわき 0246-22-3394 2024.7.5(金)
石川 シネモンド 076-220-5007 近日公開
栃木 小山 シネマロブレ 0285-22-0500 2024.8.9(金)
栃木 宇都宮ヒカリ座 028-633-4445 2024.10.18(金)
東京 TOHOシネマズ シャンテ 050-6868-5001 2024.7.5(金)
東京 シネマカリテ 03-3352-8022 2024.7.5(金)
東京 YEBISU GARDEN CINEMA 03-5860-2742 2024.7.5(金)
東京 kino cinéma立川髙島屋S.C.館 042-512-5162 2024.7.5(金)
千葉 TOHOシネマズ 流山おおたかの森 04-7156-5315 2024.7.5(金)
神奈川 kino cinéma横浜みなとみらい 045-264-4572 2024.7.5(金)
神奈川 川崎市アートセンター 044-955-0107 2024.8.3(土)
群馬 シネマテークたかさき 027-325-1744 2024.7.26(金)
愛知 センチュリーシネマ 052-264-8580 2024.7.5(金)
静岡 シネ・ギャラリー 054-273-7450 2024.8.2(金)
静岡 シネマイーラ 053-489-5539 近日公開
富山 ほとり座 076-422-0821 2024.7.27(土)
長野 上田映劇 011-206-1080 近日公開
大阪 TOHOシネマズ なんば 050-6868-5043 2024.7.5(金)
大阪 大阪ステーションシティシネマ 06-6346-3246 2024.7.5(金)
大阪 テアトル梅田 06-6440-5930 2024.7.5(金)
京都 京都シネマ 075-353-4723 2024.7.5(金)
兵庫 シネ・リーブル神戸 078-334-2126 2024.7.5(金)
広島 サロンシネマ 082-962-7772 近日公開
徳島 ufotable CINEMA 088-678-9113 近日公開
愛媛 シネマルナティック 089-933-9240 2024.7.6(土)
山口 シネマポスト 083-242-1868 近日公開
福岡 kino cinéma天神 092-406-7806 2024.7.5(金)
宮崎 宮崎キネマ館 0985-28-1162 近日公開
鹿児島 天文館シネマパラダイス 099-216-8833 2024.7.5(金)
熊本 Denkikan 096-352-2121 近日公開