Filmarksフィルマークス 初日満足度ランキング第2位

News

Trailer

Introduction

  • 画像
  • 画像
  • 画像
「彼女」と呼ばれたい、スカートを穿きたい、ふつうの女の子として扱われたい——。自分の望む性別を生きられない7歳の少女が抱く、あたりまえの願い。子どもの自由と幸せを守るために奔走する母の、ゆずれない闘い。 「彼女」と呼ばれたい、スカートを穿きたい、ふつうの女の子として扱われたい——。自分の望む性別を生きられない7歳の少女が抱く、あたりまえの願い。子どもの自由と幸せを守るために奔走する母の、ゆずれない闘い。

フランス北部、エーヌ県に住む少女・サシャ。出生時、彼女に割り当てられた性別は“男性”だったが、2歳を過ぎた頃から自分は女の子であると訴えてきた。しかし、学校へスカートを穿いて通うことは認められず、バレエ教室では男の子の衣装を着せられる。男子からは「女っぽい」と言われ、女子からは「男のくせに」と疎外され、社会はサシャを他の子どもと同じように扱わない……。

トランスジェンダーのアイデンティティは、肉体が成長する思春期ではなく幼少期で自覚されることについて取材を始めた監督は、サシャの母親カリーヌに出会った。長年、彼女は自分たちを救ってくれる人を探し続けて疲弊していたが、ある小児精神科医との出会いによって、それまでの不安や罪悪感から解き放たれる。そして、他の同じ年代の子どもと同様にサシャが送るべき幸せな子供時代を過ごせるよう、彼女の個性を受け入れさせるために学校や周囲へ働きかける。まだ幼く自分の身を守る術を持たないサシャに対するカリーヌと家族の献身、言葉少なに訴えるサシャ本人の真っ直ぐな瞳と強い意志が観る者の心を震わせる。

※ 作中では「身体は男性」という表現が出てきますが、身体こそ「自然」で、本質的とする考えからトランスジェンダーの人々への「身体的男性/女性」や「生物学的性別」などの表現が、差別や偏見を助長する文脈でも使われることがあるため、ご注意いただければ幸いです。

洞察に満ちた繊細なカメラで捉える、家族の喜びの瞬間、直面する多くの課題―― 幼少期の“性別の揺らぎ”に対する認知と受容を喚起する貴重なドキュメンタリー

フィクションからドキュメンタリーへと移行しながら、一貫して社会の周縁で生きる人々に光を当ててきたセバスチャン・リフシッツ監督は、カンヌ、ベルリンをはじめとした世界中の映画祭で高く評価されている。本作『リトル・ガール』も2020年ベルリン国際映画祭で上映後、様々な映画賞を獲得し続けている。また、劇場の封鎖されたフランスでは、同年12月にTV局ARTEにて放送。視聴者数1,375,000人、その年のドキュメンタリーとしては最高視聴率(5.7%)を獲得。オンラインでは28万回以上の再生数を記録し、大きな反響を呼んだ。

  • 画像
  • 画像
  • 画像

Staff

Director

Director

セバスチャン・リフシッツ
Sébastien Lifshitz

1968年パリ生まれ。美術史を学び、1990年から現代美術の世界で働き始める。2000年、初の長編『PRESQUE RIEN(原題)』は批評家に絶賛され世界で公開された。初のドキュメンタリー『LA TRAVERSÉE(原題)』はカンヌ国際映画祭(2001年、監督週間)でプレミア上映。長編フィクション『WILD SIDE(原題)』はベルリン国際映画祭(2004年、パノラマ部門/テディ賞)で上映。『LES INVISIBLES(原題)』(2012年カンヌ国際映画祭正式出品)、『BAMBI(原題)』(2013年ベルリン国際映画祭パノラマ部門)、『LES VIES DE THÉRÈSE(原題)』(2016年カンヌ国際映画祭監督週間)、『思春期 彼女たちの選択』(2019年ロカルノ国際映画祭/セザール賞)を作った後、新作ドキュメンタリー『リトル・ガール』で再びベルリン国際映画祭へ。

Filmography

2020 リトル・ガール
2019 AVENUE DE LAMBALLE
2019 思春期 彼女たちの選択
2016 LES VIES DE THÉRÈSE (THE LIVES OF THÉRÈSE)
2013 BAMBI
2012 LES INVISIBLES (THE INVISIBLES)
2009 南へ行けば
2008 JOUR ET NUIT
2006 LES TEMOINS
2004 WILD SIDE
2001 LA TRAVERSÉE (THE CROSSING)
2000 夏の終わり (COME UNDONE)
1999 LES TERRES FROIDES (COLD LANDS)
1998 LES CORPS OUVERTS (OPEN BODIES)
1995 CLAIRE DENIS LA VAGABONDE
1994 IL FAUT QUE JE L’AIME

Theater

地域 劇場名 TEL 前売 公開日
北海道 011-231-9355 12/11(土)
北海道 0144-37-8182 近日公開
青森 017-722-2068 12/25(土)
岩手 019-625-7117 12/24(金)
宮城 022-299-5555 12/3(金)
山形 023-632-3220 12/24(金)
茨城 029-212-7531 近日公開
新潟 025-230-8787 11/26(金)
石川 076-220-5007 12/11(土)
栃木 050-3196-9000 11/19(金)
栃木 028-633-4445 12/3(金)
群馬 027-325-1744 近日公開
東京 03-3354-5670 11/19(金)
東京 03-5468-5551 11/19(金)
東京 042-355-8700 11/19(金)
神奈川 045-243-9800 11/19(金)
神奈川 046-240-0600 1/2(日)
埼玉 050-6865-4351 11/19(金)
埼玉 050-6861-4255 11/19(金)
長野 026-232-3016 12/31(金)
長野 0268-22-0269 近日公開
静岡 054-250-0283 12/24(金)
静岡 053-489-5539 1/28(金)
富山 076-422-0821 11/20(土)
愛知 052-212-2437 11/19(金)
愛知 0566-23-0624 近日公開
三重 0596-28-2875 1/15(土)
大阪 06-6440-5930 11/19(金)
大阪 06-4256-3156 11/19(金)
大阪 06-6582-1416 1/22(土)
京都 075-353-4723 11/19(金)
兵庫 078-334-2126 11/19(金)
岡山 086-231-0019 近日公開
福岡 092-751-4268 11/26(金)
広島 082-941-7070 11/19(金)
山口 083-901-2222 近日公開
佐賀 0952-27-5116 1/14(金)
佐賀 0955-53-8064 1/21(金)
熊本 096-352-2121 12/24(金)
大分 097-536-4512 12/4(土)
大分 0977-21-1192 12/17(金)
宮崎 0985-28-1162 12/31(金)
鹿児島 099-222-8746 近日公開
沖縄 098-860-9555 12/25(土)